ラシックスが効く理由と知っておきたい注意点

ラシックスがむくみに効いている実感
ラシックスは、即効性と強力なむくみ取り効果を得られ、人気の医薬品です。
身体の余分な水分を排出することで、むくみがスッキリします。

疾患によって起こるむくみの治療に使われている医薬品のため、市販のむくみケア商品とは、パワーが違います。

この記事ではラシックスがむくみに効く理由と、服用における生活上の注意について紹介します。

ラシックスがむくみに効く理由

むくみに効くのはなぜ?
ラシックスはループ利尿薬という医薬品です。

市販されているサプリメントは血流やリンパの流れをよくすることでむくみを改善します。

それとちがってループ利尿薬は腎臓にダイレクトに作用し、尿の排泄を促すため、効くスピードに圧倒的な違いがあります。

有効成分のフロセミドが腎臓の中にあるヘンレループに直接作用し、水分の移動を阻害します。
この作用により体内の余分な水分を尿として大量に排泄します。

ラシックスは疾患が原因で起こるむくみの治療に使われており、効果は絶大です。

・高血圧症
・心性浮腫
・腎性浮腫
・肝性浮腫
・末梢血管障害による浮腫
・月経前緊張症(PMS)
・尿路結石排出促進
ヘンレループとは?
腎臓の中にあるU字の管。
尿から水とイオンを再吸収する機能がある。

ラシックスの服用における生活上の注意

ラシックスの注意点
ラシックスの服用はときに日常生活に支障をきたすことがあります。
強力な利尿作用による電解質失調、脱水症状に注意しましょう。

外出時、就寝時の服用は控える

ラシックスは服用開始の数10分後からおよそ2~3時間の間、尿を大量に排泄します。
外出前に飲んでしまうと頻繁にトイレに行くことになります。
また就寝時に飲むと尿意により睡眠が妨げられることがあるため、日中の服用が推奨されています。

運転前など危険を伴う際の服用は控える

ラシックスの成分フロセミドには血圧を下げる作用があります。
ふらつきやめまいの副作用が出やすくなるため、運転前や、高所での作業の前には服用を控えましょう。

ラシックスの精神的依存

美容目的のむくみ取りとして、ラシックスを毎日服用するのは危険です。
服用してすぐに効果がでる薬のため、精神的依存性があります。

ラシックスは体内の水分を尿として排泄することでむくみをとる薬です。
脂肪燃焼や代謝を上げる効果はないため根本から痩せる訳ではありません。

つまり、薬を飲まないと身体は元通りになってしまいます。
1度ラシックスの即効性にハマってしまうと、毎日飲まなければ安心できなくなってしまい依存性が高くなってしまいます。

ラシックスを常用すると電解質失調を引き起こすこともあるため、注意が必要です。

ラシックスは通販で買えない!代替薬はルプラック

むくみに即効性があり、人気のラシックス。
実は、現在個人輸入が禁止になり、通販で買えない状況です。

でも大丈夫。
ラシックスと同じループ利尿薬効果は抜群ながら副作用が少なく、一石二鳥のお薬があります。
それが、ルプラック。

ルプラックは、心性浮腫、腎性浮腫、肝性浮腫の治療に使われる、むくみの解消に特化したお薬。
ラシックスのように血圧を下げることによる副作用が現れにくいのです。

今までラシックスを利用していたユーザーは、さっそくルプラックに乗りかえています!